感想・「高級霊魂の説く愛」

最近読んでいた本「高級霊魂の説く愛」には、人が「愛」と呼ぶ感情や言動について、今まで聞いたことのない説明が次々と出てきます。この本では、高貴な霊魂が、さまざまな「愛」について語られています。

 今、神々は涙を流されています。その訳は、人々が苦悩しているからです。
人々が明るく笑っていれば、神々もご安心なのです。ですが、現実は違います。人々の生きる社会には、悩みがいっぱいです。そして、苦しい思いが人々の心を締め付けています。

人々が苦悩から解き放たれる事、それが神々の願いなのです。

人々は苦悩しています。

誰一人として、今の世の中が理想であるとは思っていません。

愛があふれて、誰も苦しまない、みんなが心から幸せであると感じる世の中を、誰もが望み、そのために生きているのだと思います。

けれども、どれだけ人々が愛を叫び、助け合って、お互いのために生きようと志しても、この世の中、そして人間そのものが、そのようにできていないのかもしれません。

人類の誕生までさかのぼって反省しても、今を変えることはなかなかできません。

唯一、あらゆる不条理を乗り超えて、人々が真に目覚める方法は、神伝の法を実習することのみだと思います。

神伝の法・霊的トレーニングは、人間そのものを根本から変化させ、それに伴って何もかもが変わり得るのです。

「愛」は、神霊と神霊に連なる霊魂方の助けを得て、初めて実現できるものなのだと思います。

高級霊魂の説く愛 水波一郎著

by さんば (注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る