Never say never・を霊魂学的に考えてみる

霊について考える

直訳すると、

「決して~ない」なんてことを「決して言うな」

なんですが、

何かについて、「それは絶対ない!」

と言い切るようなとき、

いや待てよ、ひょっとしたら・・・

という可能性を、いつも残しておくようにしたほうがいいんじゃない?

という意味なんですね。

一般的な使い方、たとえば、

  • 私は絶対信じない
  • そんなこと、あり得ない
  • あの人の言うことは絶対間違ってる

絶対ないでしょ!と言い切ったときに、

誰かが、そうじゃないかもよ、と横槍を入れてくるという感じ。

大きなお世話かもしれないけれど、

「決めつけ」や「鵜呑み」対策とも言えるのかもしれませんね。

 それだけ、世の中には、不確かなことや、流動的なことがあるということかもしれません。

 

霊魂学的に考えてみると、

霊魂が実在する、とか

人は、死後も、同じ意識を持って生き続ける、とか、

そういうことは、絶対ない!!

と言い切ってしまう前に、

少しでも、「あるかも」という可能性を残しておいたほうが、

あとになって、その可能性が、思いがけなく広がっていくかもしれなくて、

その時に、それに気づきやすいかもしれない、

Never say never.

考え続けることは、大変なことだけど、

やっぱり必要なことなんだろうなと思うのです。

 

by さんば

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る