富士山と日本人と人類と

fujisan

富士という山は、古くから日本人の宝とされてきましたが、今や世界中で、日本を代表するイメージという存在になっています。

鉄橋を走り抜ける新幹線のむこう、満開桜のむこう、湖に映った姿、浮世絵に描かれた姿など、世界的に有名な光景が山ほどあって、日本に観光にやってくる方々も、ひと目見たいと願う憧れの山、富士山。

富士とツーリスト

あっ、2013年に世界遺産として登録されたんですよね(今それ?って言われそうですが)。世界で千百件余りの世界遺産、その中には「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」というカテゴリーがありますが、富士山は、「自然遺産」ではなく、「文化遺産」として登録されています。富士山そのものだけでなく、「山中湖」「河口湖」「三保の松原」など25の周辺域も含まれているそうです。登録までのいきさつは色々とあったようですが、登録が叶って、正真正銘、日本が世界に誇る遺産となったわけです。

しかし、

信仰の対象として敬われてきた歴史を持つ富士山が世界遺産となったことで、知名度が上がり、世界中からの来訪者が増え、登山者が増え、あらゆる媒体を通して世の人の目にとまるのは、喜ばしいことばかりではありません。

霊魂学を世界中に知らせたいと願う霊魂学徒の立場で考えると、より多くの人が、日本という国に興味を持つことは、最初の一歩のようにも思え、それが富士山であっても、アニメであっても、無視されるよりいいのでは、と感じたりしていたのですが、実際は、そんなことよりもっともっと深刻な影響があるようです。

霊的な事実、現実、影響、そういったものは、通常、肉体を持って地上に生きている人々にはわからないものなのです。よかれと思って頑張ったことが、逆効果だったりすることもあります。

せっかく頑張るのなら、霊的にもいい影響となることをやっていきたいものです。

そのためにも、霊魂学を学び、霊的修行を実習することをおすすめします。

書籍で学ぶ「救いの神」
動画で学ぶ「富士の神は人類の救いですか?」

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る