死んでも終わりじゃないと言い続けてきたけれど

契山館が公開しているHPのひとつ、「霊魂学最前線」は、地上の師、霊媒師である水波一郎師高級霊魂団との通信からなるサイトです。

その中の、「水波霊魂学Q&A 29番目の「結局死ぬ」という記事を読んで気づきました。

今まで、人間は死んでも終わりではない、霊的身体をもって永遠ほどの時を生きていくのだ、ということを何度も書いてきました。

死んだら終わりだと思っているから問題なのだ、実はその先もずっと意識を持った個性として生きていくのに、それを知らずに、何の準備もなく死んでしまっては大変なことになる。

そういう思いから、「死んだら終わりではない」というメッセージを強調してきたのです。

それ自体、間違いではないのですが、それだけでは意味があいまいだったのだと気づきました。

違った角度から表現すると、また別の真実が浮かび上がってきます。

人間は死んだら終わり

この世で得たものはすべて終わりなのです。ほとんどの人が100年足らずで人生を終えますが、その間に苦労して得たものは、何ひとつ持っていくことはできない、だからそれで終わりなんです。

業績を残したとか素晴らしい思い出を残したというのも、残っている人のもので、本人にとっては終わりです。

「死んで持っていけるのは、意識と霊的身体だけです。」

そして、

持っていける意識と霊的身体は、生きている間に体験したすべての出来事の集結、ともいえるのではないでしょうか。

100年で築いたものはすべておわり、そして終わってしまうすべてのものが、エッセンスのように霊的身体にコンバートされて、人は他界していく。だから他界時の霊的身体の状態が、重要なのです。ほったらかしで成長するものではないからです。

生きている間の業績や行い、いい人とか立派な人とか、そういうこととは関係ないからです。

永遠のような他界後のことを都合のいいように思い込んでいる、無関心である、知らない、考えない、やっぱりそれは大きな大きな過ちなんです。

水波霊魂学Q&A 29 結局、死ぬ。

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る