幽体の臓器等の退化・消滅

人間は、この世にいるうちは、肉体と幽体が重なっていました。

それ故、幽体にも、肉体と同じように臓器等がありました(幽体に機能的に臓器等が必要だったわけではありません。)。

でも、他界して幽質界に行くと、そこではもう食べる必要はありませんし、労せずして移動する事もできます。

そうなると、幽体の胃や腸、骨や筋肉等は、形としても要らなくなります。

それ故、死後、暫くは残っていた臓器等は、徐々に退化していき、やがては消失します。

その結果、幽質の体のどこをとっても、意識のかたまりのような存在となります。

いわば金太郎飴のような状態です。

 

そのため、幽体の一部が地上に引き寄せられても、その人の再生という事が起こります。

その人は、過去の意識を潜在させた上で、新しい人間として地上で再生し、育っていきます。(*このブログ中の、「再生」をご覧下さい。)

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る