「千の風」にはなりません

「私の お墓の前で 泣かないで下さい。そこに 私はいません。眠ってなんか いません。」

『千の風になって』(日本語詞:新井満)という歌は、みなさんもご存知だと思います。

綺麗ないい歌ですよね。私もカラオケでよく歌いました。

 

そうです。

この歌詞の通り、人はこの世を去ったら、お墓に住むわけではありません。

 

では、「千の風になって、あの大きな空を吹きわたって」いるのでしょうか?

 

いいえ。空にもいません。

あの世に行きます。

この世での肉体を脱ぎ捨てた後には、幽質界での生活が待っています。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る