幽体が肉体から離れる時

幽体は大切な霊的身体

死後の世界で使う霊的な身体を、水波霊魂学では「幽体(ゆうたい)」と呼んでいます。

人間の霊的身体

幽体は、生きているうちは肉体と重なっています。

肉体が機能を停止すると、幽体が肉体から離れていきます。

幽体は大切な霊的身体

霊的に見た場合、

完全に幽体が肉体から離れた時が、「死」です。

この段階になると、もはや肉体に戻って生き返ることはありません。

臨死体験者は生還していますから、幽体はまだ肉体と繋がっていたと思われます。死の一歩手前で戻ってきたのでしょう。

死後のこと

幽体は、いきなり死後の世界で活動するのではなく、その前に暫く眠りにつくようです。
目覚めた時が、死後の世界での人生の始まりです。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

幽体離脱は超危険?クリックして「霊的情報館」のQ&Aを読んでみよう

reisagu.blog.fc2.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る