映画「黄泉がえり」・草彅剛さん、竹内結子さん主演の話題作(2003)

映画感想文

2003年1月に一般公開された映画、「黄泉がえり」

原作は1999年に発表された、梶尾真治さんの同題小説。

原作は、もっとSFファンタジー色が濃いようですが、この映画は公開当初の予想とは裏腹に、大きな反響を呼び、ロングランの大ヒットになったそうです。

タイトルだけでも興味深いこの作品、

ある日突然、次々と亡くなった人がよみがえり、その人のことをずっと思い続けていた人の前に現れるというストーリー。

途中、山奥で隕石によってできたらしい巨大な穴が発見されたり、

そこから出る神秘的なシグナルについて科学的に分析したりと、

「よみがえり」現象が、単なる迷信や妄想ではなく、説明可能な現象かもしれないという、科学絶対主義者に対する、ひとすじの期待を潜ませているような印象も受けました。

何が、何のために、どうやって、「よみがえり」現象を起こしたのか、あるいは、なぜそういう現象が起こったのか、そういったことについては、究明されないまま、ストーリーは、人々の思いや願い、生きるということ、そういうヒューマニズムに焦点をあてて流れていきます。

映画「黄泉がえり」を観て思ったこと 

もし「よみがえり」 という現象が本当にあるとしたら、

死後の世界や霊魂の存在を信じない人にとって、それは、奇跡的なトリック?

死後の世界や霊魂の存在を信じる人にとって、それは、霊的次元からの訪問?

霊魂学によれば、実際に、他界した人たちは、大勢、この世に戻ってきているようだし、人の目に見えないだけで、珍しくも何ともないようです。

もし、そういう霊的存在が見えたりしたら、それは幽霊と言われて恐れられ、見た人は、霊能力がある人と言われたりするのでしょう。

でも、あなたの愛する人、もう一度会いたいと願っている人が、生身の姿で目の前に現れて、生きていた時と同じように笑ったり話したりしたら、あなたはきっと驚くと同時に、歓喜するのではないでしょうか。

映画の最後で、よみがえりの人たちは、再び姿を消すのですが、残された人たちは、ほとんどが、その後、穏やかに日常を過ごしていると語られていました。

おそらく、もう一度会いたいと願っていた人がよみがえって目の前に現れ、言葉を交わし、気持ちを伝えあった、そのことで、死んだ人は消えてしまったけれども、今もどこかで生きている、という確信を持ったのではないかと思うのです。

もしあなたが、大切な人を失って、耐えられないような失望のどん底にいるとしたら、

信じてください。

その人は、今も生きていると

霊魂という、目には見えない形になって、霊的次元という違う世界にいるというだけで、消滅はしていないのだと。

その人は、この世に生きていた時と同じ心、同じ思い、同じ記憶を持ったまま、違う世界へ移っていっただけなのです。

霊魂学では、「黄泉がえり」で描写されているような現象は説明されていませんが、亡くなった方が、残された家族や懐かしい場所を訪れるという例は、よく書かれています。

魂が戻ってくる

けれども、次元が違うために、この世の人の目にはとまらず、話も聞いてもらえません。触れることもできません。ただ、そこにいて、様子を眺めるだけなので、そのうち諦めてしまうようです。

亡くなった人と再会できる可能性はとても低いようですが、もし、あなたが他界したときに、自由のきく次元に入り、会いたいと思っている人も、同じような次元に住んでいたら、また会える可能性があるようです。

死後の世界や現象を、身近に知れば知るほど、「死」に対する考え方が変わります。それを、ひとつひとつ、自分で確かめて、受け入れてほしいと願っています。そのきっかけになるのなら、「黄泉がえり」のような映画が、どんどん公開されるといいのにと思います。

死んだらどういう事が起こるのか、読みやすい物語風に説明されている本があるので、興味が沸いたら、ぜひ読んでみてくださいね。アマゾンです。

死後の世界で恋をして

https://amzn.to/33kHxWh

ではまた次回まで!

 

by さんば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る