【感想】マイノリティーレポート、観ちゃいました(ネタばれ込み)

予知能力

先日、おぼろげな記憶をたどって記事を書いてしまったので、やはり気になって、映画「マイノリティーレポート」を観ておくことにしました。今回は、ひとりの霊魂学徒目線からの感想文を記録します。

2時間25分という長さの上に、もう少しゆっくり喋ってくれ~と言いたくなるくらいセリフ量の多い映画。目を伏せたくなるシーンもいくつかあり、PG-13にしてはちょっときつくない?・・というのが正直なところです。(PG-13だと、13歳未満の子供でも、保護者が許可すれば観ることができます)

20年前に観た時の印象とは随分と違っていたし、まったく記憶に残っていなかった部分もかなりありました。

霊魂学では、他界してから何百年も過ぎた霊魂は、地上で使っていた自分の名前すら憶えていない、といった記述がよくありますが、無理もないと思います。人間の記憶って、思っている以上に順応性が高いというか、覚えておくことと忘れてしまうことの選択基準がミステリーそのものです。
さんば
さんば

さて、そんな映画「マイノリティーレポート」、公開された2002年には数々の賞にノミネートされ話題を呼びましたが、その最大要素は、やはり舞台となった近未来のビジュアル、細かいところまで思考を凝らした予言的テクノロジーなど、スピルバーグ監督ならではの見せ場が盛りだくさんだったところだ、というのが感想です。

異常な環境に置かれ、犯罪を予知する、というか、間もなく起こる犯罪を現実の映像として映し出す任務を課されている3名のサイキックについては、かなり飛躍していると思います。

霊魂学では、私達人間のカルマや魂の性質を知ることによって、ある状況に置かれた時にどのような行動に出るかを予測できると説明されています。それを考えれば、未然に犯罪を防ぐというアイデア自体は面白いし、実現すれば犯罪防止に貢献もするでしょう。
さんば
さんば

けれども、特殊能力を持つサイキックたちが、実は非人道的な科学実験がもたらしたミスに起因するものだという設定にしたことで、本来、人間がそういった能力を持つことはないし、持ってはならない、というメッセージを発しているとも受け取られます。

タイトルにもなっている「マイノリティーレポート」ですが、先日の記事では、サイキックが予知する案件の中で少数派意見となるもの、という風に書きました。

確かにそうなのですが、これは映画の中ではメインともいえるテーマなので、少し掘り下げてみようと思います。

3名の中で最も優れた能力の持ち主で、リーダー的存在でもあるアガサという女性が、時々他の2名とは違う予知映像を察知するのですが、その映像がマイノリティーレポート、少数派意見と呼ばれています。

映像の内容が別れてしまうと、サイキックの予知能力の正確性が疑問視される要因となることから、マイノリティーレポートは、発生時に自動削除されるようにプログラムされていて、誰の目にも触れることはありません。

けれども、マイノリティーレポートが存在するということ自体、未来に選択肢があることを裏付けるものであり、犯罪未然防止というプロジェクトに致命的な欠陥があることを証明することにもなります。

このマイノリティーレポートの存在を知った主人公のジョン・アンダートンが、自身に課された未来殺人罪の嫌疑を晴らすために奔走します。

この映画のテーマは、自由意志をめぐる典型的な哲学論争、過剰なメディアによるプライバシーの侵害、そして自分自身の正体を知る、といったことだと評論されていますが、

観終わっていちばん印象に残っているのは、

「人は自由意志によって未来を変えることができる」ということです。

映画の中で、アガサが何度も「You have a choice. You can choose. 選択肢がある」とつぶやきます。

懇願したり無理強いしたりするのではなく、本人の自由意志による選択肢があることを伝えようとするところは、霊魂学的に考えると、守護霊の言葉と解釈できるような気もします。

霊魂学でいう「禊」とは、まさにそのことだと思います。たとえ人が、重いカルマを持って誕生し、そのカルマに翻弄され、衝動のままに同じことを繰り返すようにできていたとしても、自由意志でそれを受け入れ、霊的修行によってカルマを乗り越えようと選択するなら、未来は変わるということですね。
さんば
さんば

映画の終盤では、ふたりの主要人物が、予告に反して殺人を思いとどまりました。自由意志による選択です。未来がひとつではないことが証明され、プロジェクトは廃止、3名のサイキックは解放され、殺人未遂として禁固されていた大勢の人々は釈放・保護観察となりました。

テクノロジーによって人間の運命を操作しようとする試み、そしてそれが可能であるとする思い込みが、人類をさらなる不幸へと推し進めるのかもしれません。

この世のあらゆる苦悩は、人が物質の世界にいるがゆえの欲から発生するものです。たとえ正義や平和や愛を願う心からくるものであっても、それは霊的生命体の成長とは逆方向を向いているのかもしれない、それに気づくのは容易なことではないのでしょう。

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る