サイトの不具合が起こってしまいました

まさに顔面蒼白・・・です。

ある朝、サイトを開くと、いくつかの画像エリアが真っ黒になっていて、再起動してもキャッシュをクリアしても戻らなくて、どうしよ~ということになりました。

最近は、ほとんどの疑問はサーチすれば解決します。しかも、以前はキーワードなどちゃんとしていないと的を射る答えが返ってこなかったのが、今では、誰かに質問しているような調子で書き込んでも、大抵、答えがみつかるし、答えを提供してくださる方々も、的確な見出しを付けていらっしゃるので、とてもありがたいのです。

今回も、「サイトの画像の何枚かが非表示になってしまった」ようなことを打ち込むと、いくつかの回答が表示されました。その中で、見出しと日付、抜粋文を読みながら下がっていくと、「あった!」それらしき回答が。

今回の問題は、ワードプレスで利用するプラグインという追加機能の鉢合わせによるものでした。最近追加したプラグインもないし、アップデートも控えていたので、どうしてそういうことになったのかはわからないのですが、とりあえず、回答にあったように、怪しげなプラグインを停止したとたんに、画像が復帰しました。

PCやネットのテクニカルなことはややこしくて、今回のように簡単に解決するとほっと一息ですが、お手上げということもあると思います。プロの方に頼むとなると、また一苦労だし、かといって自力では解決できないし・・・素人がネットを使えば使うほど、こういったジレンマが増えるのでしょう。どちらにしても、無償でわかりやすく回答を提供してくださっている方々には、本当に感謝しています。

さて、契山館、契山館広報部、そして契山館会員の方々も、Youtube、HPやSNSなど数多くの媒体を利用して霊魂学を知ってもらおうと活動しています。当サイトもそのひとつです。

今、「霊魂学」とサーチすれば、たくさんの検索結果に契山館関連の記事が表示されます。とてもうれしいことです。ですが、「霊魂」とか「霊的なこと」という漠然としたサーチだと、とたんに表示数が減ります。

霊的なことを知りたいとサーチする人がいるのに、契山館にたどり着くことができないとなるとそれはまさに悲劇です。なぜなら、数ある答えの中で、最適・最善・最高の回答は、霊魂学にあるからです。

これに関しては、傲慢と言われようが自信過剰と言われようが商売根性と言われようが、かまいません。どう受け取られようと、霊魂学を知ってほしい、霊魂学に出会ってほしい、それだけが願いであり目標だからです。

出会ったあとの判断は、それぞれの方に委ねられています。勧誘や過剰宣伝、売りつけなどは、契山館と高級霊魂方には無縁のものだからです。今後、爆発的に霊魂学が世に知れわたることはないのかもしれません。答えは、すぐそばにあり、誰の手にも届くものなのに、不思議なほどに届かない。それが現代の霊的環境によるものなのか、変わり果てた人間の意識によるものなのか、自分自身の無力さも含めて、もどかしく感じます。でもそんなことを思い悩んでいる場合ではありません。

契山館、契山館と共にある霊魂団、そして仲間たち、これからも、活動あるのみです。お~~!

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る