一日は一生・朝起きる前の5分

朝空

朝、目が覚めて何を思う?

早朝にパタパタと準備して出勤、

いつも時間に追われてる~~・・という生活を長年続けてきました。

朝一に思うことは、

「起きなきゃ!」だけ。

hayaoki

今は、

勤務体制が変わって多少ゆとりができ、

うっすらと明るくなる頃に、眠りから覚めてくる意識を味わうことができるようになりました。

ちゃんと朝が来た!

静かに目をあけると、窓越しの街は、

まだ空気が薄くて、静止画みたいで、

空が、少しずつまぶしく光り出して、

 

自分の意識が、ちゃんと昨日から続いていることを確認する、

「もう一日、いただき!」

ラッキー

そして、今日はどうしたいかをちょっとだけ考える

こんな普通の一日が、来ない人もいる

途中で終わってしまう人もいる

終わらせようとする人もいる

 

一日は短くて、なんとなく過ぎてしまうように感じることもあるけれど、

霊的生命体にとっての一日は、一生より重いかもしれないと思う。

永遠分の一

霊的生命体にとっての一日は、「永遠分の一」。

 

今日は、霊的な目覚めの日、なのかもね。

 

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る