蜘蛛の糸-まずは自分が助かりましょう!

芥川龍之介の作品に『蜘蛛の糸』 という短編小説があります。

地獄で責め苦にあっている男の目の前に、お釈迦様が垂らした蜘蛛の糸が降りてきます。

男は、この蜘蛛の糸を辿って行けば、地獄から脱して極楽に行けると思い、必死で蜘蛛の糸を登っていきます。

しかし、ふと下を見ると、自分と同じように、蜘蛛の糸を登ってくる地獄の亡者達が沢山いる事に気づきます。

f:id:konoyubi---tomare:20210323132457j:plain

そんなに沢山の人が蜘蛛の糸にしがみついたら、糸が切れてしまいます。

そこで男は、自分だけ助かろうと思い、後から登ってくる人達を追払います。

そうしたところ、蜘蛛の糸がプツリと切れ、男は元の地獄に落ちていきます。

 

自己中心的な心を戒める物語であり、これを初めて読んだ時には、「なるほど」と思いました。

 

では、霊魂学を学んだ今はどうでしょうか?

思うに、地獄にいる他の人達も救いたいと願うなら、まずは自分が助かる必要があると思います。

他の人達を助けるのは、その後です。

さもないと、助けようとした人達から足を引っ張られてしまい、助かる人も助からなくなってしまいます。

 

実際、上の世界から救済に来た霊魂から、上の世界に行けるから頑張れと指導を受けても、下の世界の仲間も救いたいと言い張って、その世界に留まっている霊魂もいるようです。

でも、仲間を説得して、みんなで上の世界に向かうのというのは、なかなか難しいようです。

地獄からは抜け出したいけれど、上級の霊魂の言うことなんか聞きたくもない、という霊魂も多いようであり、そうすると、救済は無理です。

結局、助けようとした仲間を助けられないばかりか、自分の方も、上の方に行けるはずだったところ行けなくなってしまい、みんな下の世界に留まったままです。

 

まずは、自分が救われて上の世界に行った後に、仲間を救うために下に降りた方が、合理的だと思われます。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る