幽質界での食欲・性欲

幽質界での生活

物質界である地上では、人間は、肉体の身体で生活していました。

それは、食べないと生命を維持できない、という世界でした。

でも、霊魂の世界である幽質界は、物質の世界ではないので、食事をしなくても生きられ、食欲はなくなるそうです。

それ故、胃も腸も要らず、やがて幽体の身体から消えていきます。

また、肉体がないので、精子も卵子もなく、性欲も湧かないそうです。

つまり、肉体を持つゆえに生じた欲求は、 やがて消えてしまうのです。

それでも、霊魂の世界に入って暫くの間は、おいしい物や、恋人との思い出を恋しがるようですが、幽質界に慣れていくにつれて、忘れていくようです

仮に、食べ物を念の力で作り出し、食べるという行為をしたとしても、それは、昔の記憶を辿るだけであり、味そのものも、次第に忘れていくようです。

幽質界での生活

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

もっと知りたい方は、以下のHPをご覧下さい。

reisagu.blog.fc2.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る