人間は残酷な生命体ですが、光輝く部分もあります。

人間の本質

人類の歴史は殺戮の歴史です。

古今東西、ずっと強い者が弱い者を虐げ、強奪し、差別し、支配してきました。

剥き出しの圧政や、力による支配が横行しており、国際社会がいくら非難しようとも、それを指揮する人達は、掴んだ権力は放しません。

その傾向は、程度の差こそあれ、世界中どこでも同じです。

人間の本質

人間は、いわば自業自得と言えますので、そのような結果を受けるのは当然かもしれません。

もちろん、放置すべきではなく、人間の知恵で乗り越えるべきですが。

 

問題は、他の動植物達です。

何故、ただ自然の摂理に従って生きているだけの動植物が、人間の犠牲にならねばならないのか、人間はもっと深く考えてみるべきだと思います。

最近、キツネ狩りの標的とするために、キツネを大量に養殖している人達のニュースが流れました。

f:id:konoyubi---tomare:20210321100459p:plain

人間がキツネを撃ち殺しても、まだまだ撃ち殺す対象がありますよという事で、キツネを養殖して数を増やしておくのです。

鬼畜とは、まさに人間の事です。

 

人間が肉体を持っており、「食べる必要」がある以上、他の動植物を食べる事は仕方がないことかもしれません。

でも、ただ楽しみで他の動物を殺生することは、単なる「罪」と言わざるを得ません。

人間がいなかったら、動植物はどんなに幸せでしょうか。

 

ただ、そういう残酷な人間にも、神霊を志向する心もあるそうです。

どんな人間であっても、人間である限り、光輝く部分を持っているそうです。

世界中の人が皆、そのような部分に目覚めていったらなぁと思います。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る