この世の地獄・あの世の地獄②

暴力で人を支配し、ちょっと気に入らない事があれば、すかさず攻撃するような人が、あの世に行ったからといって、急に温和な人に変わるわけではありません。

その人の幽体がそのまま死後の世界に移行するだけであり、同じ個性、同じ意識体だからです。

むしろ、その性質が顕著になっていくようです。

 

こういう人達は、この世で人々の恨み等を受け、幽体が傷だらけであの世に行きますから、必然的に下の方の世界に入きます。

では、この世と同様、あの世でも、他の霊魂達に睨みをきかせられるでしょうか?

 

ちょっと考えただけで、それは無理だろうと分かります。

この世で少々権勢を振るっていたからといって、あの世でも強いとは限りません。

下の世界には階層が無数にあるようですが、そこにいるボス達の残忍さは、この世の悪人の比ではないようです。
この世で肩で風を切っていた人でも、あの世に入るや、他の霊魂達の一睨みで、そこのボスの支配下に置かれるのが関の山です。

いつも見張られて、逆らえば、死ぬに死ねないリンチが待っています。

 

つまり、この世で人々に地獄を味合わせた人達は、あの世で本当の地獄を味わうと予想されます。

この世では死ねば終わりですが、あの世ではエンドレスの苦痛が待っています。

 

それは、悪い事をしたからではありません。

幽体の状態が悪いために下の世界に行き、そこでの秩序がそうなっているからです。

下の世界に行けば行くほど、念の力で上下関係が決まってくるようです。

 

この世の地獄・あの世の地獄③に続く

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る