攻撃的な念が飛び交う世界と、そうでない世界

念の正体

あの世のコミュニケーションの手段は想念」です。

空気がありませんので、地上のような「音」で会話する事はなく、テレパシーの如く、思った事がストレートに伝わようです。

そうすると、嘘やお世辞は通用せず、本音が伝わってしまいます。

 

ちょっと想像してみて下さい。

自分の嫌いな人と、偶然、どこかで顔を合わせたとします。

お互い目が合った場合、地上であれば、本心を隠して、社交辞令的な言葉を交わして終わります。

 

でも、あの世では、思った事が筒抜けですから、そうはいきません。

嫌悪感や侮蔑の感情なども、全て相手に伝わってしまいます。

 

念の正体

その結果、相手もムッとしますし、怒りの感情が沸いて、強い念を出して来るかもしれません。

そうなると、修羅場となる可能性があります。

 

幽質界でも下層の方は、そうした剥き出しの念が飛び交い、喧噪が絶えないようです。

一方、中間層でも平和的なところでは、先輩から念をコントロールするように指導を受け、うまく喧嘩を避けて暮らしているようです。

さらにもっと上の方の階層になると、霊魂達は霊的に成長していますので、そもそも、そういった攻撃的な念が出ないそうです。

 

他界したら、まずは下の世界に行かないようにしたいものですね。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る