自殺してもいい?やはりダメです

人は他界後、自分の幽体の成長度合いに合った階層に行きます。
それ故、病死か、事故死か、他殺か、自殺かというように、死の原因いかんではなく、あくまで自分の幽体の状態によって、行くべき世界が決まります。

従って、一部の宗教が言うような、「自殺は神に対する罪であり、地獄へ行く。」という考え方は、誤りです。

神が命を与えたというならともかく、神は人間の出生に関与していません。
人間は、生殖の結果として生まれてくるのであり、神の意志によって生まれてくるのではないからです。

では、自分が霊的に成長していると考えた場合、自殺しても大丈夫でしょうか?

いいえ。やはり、自殺はすべきではないと思われます。

自殺者の場合、自殺を考えている段階で、既に重い霊的障害を持った方が多いようです。

自分では霊的に成長していると思っても、実際は単なる自惚れや錯覚であり、自殺を誘導する悪い霊魂の幽気が染み込んでいますから、死後は下の世界に入ってしまいます。

そして、生前にまとわりついていた邪悪な霊魂らが迎えに来て、彼らの住処である場所に連れて行かれます。

そこでの暮らしの辛さは、生きている時の辛さどころではありません。

死んで楽になるかと思ったら、永遠の苦しみが待っています。

ですから、自殺はやめるべきです。
そこまで自分を追い詰めないうちに、霊魂学を学び、正しい霊的知識を得て、生き方を見つめ直される事を願います。

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る