地獄は懲罰制度?

私が子供の頃は、大人から「悪い事をすると地獄に落ちる。」と言われたものであり、お寺で見た地獄絵に震え上がったものでした。

地獄とは、この世で悪行をした者に対して罰を与える場所、というイメージでした。

それが、正義にかなっているかのように思えました。

悪いことすると地獄に落ちる?

でも、そもそも人間の生き方は自由であり、高級霊魂でも人間の自由意思には干渉できないようです。

それなのに、死んでから生前の生き方を問われ、予め地獄という世界も用意されているとしたら、結局、生き方は自由ではなく、制限されていた事になります。

 

もっとも、地上での人間の行動が全く自由だったら、社会は成り立ちませんので、自ずと制約が出てきます。

それ故、地上には法律があり、犯罪を犯せば、刑罰が課せられています。

 

でも、それは地上の話です。

あの世は、泥棒も人殺しもいない世界です。

物は念で出せるし、幽体は死なないからです。

だから、盗むなかれ、殺すなかれという法律もありません。

 

それなのに、地獄という世界が予め設けられ、この世で犯した罪については、なおも罰を与え続けるというのは、奇異な感じがします。

この世の法律はあの世で通用するものではなく、この世で犯した罪は、この世で精算されるべきです。

懲罰制度としての地獄というのは、存在しないようです。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る