真の癒しとは・癒されたいと望んでいるのは肉体だけじゃない

アロマ

癒しという言葉をよく耳にします。

心身共に疲れているとき、心地よい音楽や環境、ハーブ茶やアロマの香りが心や体を癒し、

元気が出ると、人はがんばろうという気持ちになります。肉体が活力を得るからです。

けれども、もっともっと癒しを必要としているのは、肉体と重なって身動きが取れていない幽質の霊的身体、「幽体」です。

幽体は、声を上げることができず、五感に訴えることもできず、数値に現れることもありません。

もし、なんとなく幽体の不調を感じる人がいたとしても、おそらくは肉体の不調とみなして、肉体の癒しを求めることでしょう。

幽体の不調がもたらすダメージは、計り知れません

学ぶことからしか知ることのできない幽体という存在。

霊的トレーニングを行わなければ癒してあげられない幽体と言う存在。

健康な幽体を持たずして、人が真に癒されることはありません。

幽体を知るための本・「幽体の悲劇」

ハーブ

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る