運命の出会い・出会う人と出会わない人

「運命の出会い」というフレーズを聞くことがあります。

それは、普通なら出会うはずのない人やものに、偶然・奇跡的に出会ったというとき、そしてほとんどの場合、それはいい出会いだったと感じるようです。

不思議なこと、不思議な出会い、人は、それが人智を超えた何者かの仕業だと考えたりします。でなきゃ「ありえない」と思うのです。

地上には、目に見えないけれどもたくさんの霊魂がいます。本来、他界した霊魂が地上に戻ってくることはないはずなのですが、いろんな事情で戻ってくることになって、今や大きなコミュニティーのようにしっかりと存在しているようです。

地上に戻ってきた霊魂が、悪気の有る無しに関わらず人間に悪影響を与えてしまう場合、それが人間の霊的成長の妨げになるので、それをなんとかしようと、これまた本来は地上に降りることもなかった高級な霊的存在が組織レベルで活動しています。

すべて、目に見えない霊的次元でのことです。

悪影響となる霊魂との接触、実は思っているよりずっとずっと頻繁に起こっているようです。

それは人の感覚でいえば、いいことだったり、神秘的で魅惑的であったり、不思議体験であったりもするのですが、人はそういった体験と引き換えに自身の霊的身体を不調にしていくのです。

すべて、目に見えない霊的次元でのことです。

一方で、霊的身体の不調を修復し、成長につなげることができる出会いも、すでに世の中にあります。けれどもその数は、悪い影響を与える出会いと比べれば極端に少なくて、その出会いこそが、運命の出会いと呼べるような奇跡的な出来事といえるのでしょう。

それは、スマホの片隅に掲載された広告かもしれないし、小さな書き込みかもしれないし、電車の中でだれかが読んでいた本の背表紙かもしれません。

そして今まさに、このサイトをご覧になっているあなたの目の前にも、その出会いが、そっと姿を現しています。

なんだか怪しげな誘いみたいになっていますが、本当に怪しくて危ない誘いなら、そんなことを感じさせないテクニックがあることでしょう。だからみんな、何もわからないまま選択してしまうのです。

人は知らず知らずのうちに、いろんな選択を重ねて、いつのまにか、危ない橋を渡り、横道に迷い込み、崖っぷちに立たされています。

すべて、目に見えない霊的次元でのことだからです。

あなたには、その目でしっかりと見て、魂に響く運命の出会いをしていただきたいと願っています。

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る