信じる?信じない?

「信じる」と「信じない」

その、得体の知れない、物的証拠も確証もない、それでいて強く熱く自身を支えているもの。

「信じる」と「信じない」。その強さは、どちらにも傾かない天秤のように感じることがある。

なぜそれを、そんなに強く信じられるの? と問われたら、

なぜそれを、そんなに強く信じられないの? と問い返したい。

もし、人間に霊的な部分があって、それが科学の力では証明できなくて、他界するまで見ることも感じることもできないとしても、

事実は、あるかないかのどちらかひとつ。

そういう事について、

同じような肉体を持った人間が、なぜそこまで両極端に、「信じる」と「信じない」に分かれることがあるのだろう?

そんなことを考えていると、終わりのないパズルのピースを探しているような気持ちになる。

信じる人は、証明されていないものを「ある」と確信する力を持っていて、

信じない人は、証明されるまでは「ない」と言い切る力を持っている。

そこに、霊的な影響力ってあるんだろうか。

何らかの霊的な力が、「信じる」と「信じない」に影響しているのだろうか。

人間って摩訶不思議な生命体だ。

霊魂学動画・自分の頭でしっかり考えると霊的に成長しない?

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る