目に見えるって弱点にもなるかも

2021年のクリスマスに、南アメリカのフレンチ・ギアナから打ち上げられた高性能宇宙望遠鏡「ジェイムス・ウェブ」が、初めて地球に送信してきた5枚の映像が、話題になっています。
(NASAのサイトに公開された5枚の映像)

なんの知識もない者が見ると(自分のことです)

「わ~きれい、何これ?」

「深海の発光性アメーバじゃない?」

ってことになるのですが、

この宇宙空間の大きさは、地球を宇宙全体と例えれば、一粒の砂、だそうです。

「でっけ~、宇宙でっけ~~!」

ですよね。

神秘、深遠、未知、前人未到、可能性、真実・・・。

人々は、そこにあると信じるなら、目に見えないものを見ようと追い求めるものです。

「なんだろうなぁ

目に見えるということが強みなのかなぁ

肉体に備わっている視力、目に見えるものに対する執着心は、それこそ奥深いんだなぁ。」

そして霊魂学徒は、ふと思います。

宇宙が果てしなく広大であれば、幽質界はそれにも増して広大であると。

魅惑的な映像を眺めながら、ぶつぶつと独り言がこぼれてしまったのでした。

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る