Drive by shooting・とばっちり・念を受けるのは誰?

ドライブ・バイ・シューティング(Drive by shooting)という言葉は、以前、アメリカの高速道路で、走行中に近くを走っている車に向けて無差別発砲する、という事件が多発した時から、耳にするようになりました。

とばっちり被害、たまたまそこに居合わせてしまって、運悪く被害にあった、という意味なので、

たとえば、誰かが腹を立てていたときに、そばを通りかかったら怒鳴られた、といったことにも、「Drive by shootingにあっちゃったよ。」と言ったりします。

「念」は、とばっちりであることが多いけれども対処がむずかしい

もしあなたが、自分はそこそこ善良な人間で、違法行為はしていないし、迷惑になることも極力避けて、気を使って生きている。人から恨まれたりする理由はまずない・・と思っているなら要注意です。

念は、どんなに善良で立派な人にでも、とばっちりでぶつかってくるからです。そして、それがどこから飛んでくるのか、誰が飛ばしたのかは、わかりません。目には見えないし、当たっても刺さっても、何も感じないからです。

顔では微笑んでいても、しっかり念を飛ばしていることもありますから、平和な場所にいるから大丈夫なわけでもありません。

「念」というものは厄介です。とばっちりでさえ厄介なのに、万一、強い念を飛ばす人から狙い撃ちでもされようものなら大変です。

「念」は凶器になります。飛ばさないことが大切なのですが、今の世の中それは無理です。

では、どうすればいいのでしょう?次の中にこたえがあります。

  1. 防弾ベストを常に身に着ける
  2. 鎧をまとう
  3. 盾を置いておく
  4. 幽体オーラを強くする

答えは4ですが、4を実行すれば、霊的な意味で1~3も達成できます。

念によって自分の幽体が傷ついて不調になり、最終的に他界後に低い世界へ行くことになるとしても、誰を責めることもできず、訴えることもできず、事情を説明して特別扱いしてもらえるわけでもありません。すべて自己責任です。

ああだこうだ言ってもどうにもならないのであれば、とりあえずは、自分の身は自分で守ると意識することです。

その方法が、すでに世に示されているのをご存知でしょうか。その気になれば、どなたでも何らかの対処ができるのです。

先延ばしにせずに、今、対策をしてください。

霊魂学動画・金持ちが下の世界に落ちない方法
(金持ちでなくても観る価値ありです)

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る