退屈している霊魂

何不自由のない霊魂生活

幽質界では、念じれば欲しい物が出てきます。

肉体がないので、寝る事も食べる事も不要です。

それ故、衣食住を満たすために、仕事をする必要もありません。

つまり、何不自由がなく、時間だけは無制限にあるという事です。

誰かとゲームをしても、真剣になればなるほど、互いに相手の手の内が伝わってきてしまいますし、スポーツをしても、例えばボーリングは全てストライクが出る等、願った通りの結果が出てしまいます。

これでは、競う意味がなくなってしまいます。

何不自由のない霊魂生活

そこで、他の霊魂と、念でいろいろな物を作り合って、その独創性を競ったりもするようですが、それでも時間は有り余っています。

そのため、退屈さをどうやって解消するかは、霊魂の悩でもあるようです。

もちろん、こうした悩みは、幽質界でも比較的良い世界に行った霊魂の話です。

下の世界に行った霊魂の場合、どうしたら怖い霊魂から逃れられるかで、頭がいっぱいだと思われます。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る