真の救いとは?

事故や災害を逃れたり、病気を克服したりすると、その幸運に感謝し、「救われた!」と思うのは、自然な感情ですよね。

命が助かることで、神に感謝する人も多いと思います。

この世の価値観では、「救い」とは、とりもなおさず、命が救われる事のように思えます。

 

でも、人間はいずれは死にます。

その時は「救われた」と思っても、いつかは必ず死にます。

そうすると、「死なないこと」が「救い」ではなさそうです。

 

では、本当の意味での「救い」とは何でしょうか?

この世での人生を終えた時、あの世の下の方の世界に入ってしまったら、それはそれは苦しい生活が待っています。

一旦下の方の世界に入ってしまうと、そこから這い上がって上の世界に行くのは、非常に難しいようです。

それ故、この世で生きているうちに、下の世界に行かないように準備する事が、まさしく自分を救う事だと思われます。

 

でも私達は、どう準備すれば救われるのか、その方法論が分かりません。

霊的知識もありません。

 

そこで、「救い主」と呼ばれる方が地上に降りて来られました。

そして、人間が霊的存在であって「パンのみに生きるものではない」事を教えるとともに、どうしたら霊的に成長できるのか、どうしたらあの世の下の世界に行かないで済むのかを、指導されたのです。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

救い主とはいかなる存在かについて知りたい方は、以下の動画をご覧下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る