本当の救いは富士にあり

富士

今、人類の未来に関して、いろいろな預言あるいは予言が話題になっているようです。
終末に関しては、ヨハネの黙示禄、ホピ族の予言、日月神示等、昔から様々なものが出ているようであり、いずれも人類が滅亡あるいは人口が激減する事が予言されているようです。
ファティマ第三の予言というものも、人類の大惨事を予言したものではないかと噂されているようです。

1999年を無事に経過したことから、ノストラダムスの予言は当たらなかったとして、終末に関する人々の関心も薄くなっていったようですが、また最近、終末の予言が脚光を浴びるようになってきました。
2020年あたりから、思いもよらない疫病や戦争が勃発したり、大規模な自然災害も次々と起こるようになって、人々も、人類が滅びる事もあり得ると、肌で感じるようになったのかもしれませんね。

このように、もし人類に大災害がもたらされるとしたら、それは神の「罰」であって、神は人間を滅ぼそうとされているのでしょうか?
いいえ。神様が「罰」を通じて人間をコントロールした事は一度もなく、全ては人間が招いた結果だと思います。それを、神様の仕業にするのは、あまりにも人間の身勝手というものでしょう。

ノアの箱舟

では、人類は全く救われないのでしょうか?
終末の予言とともに、「救い主が東から現れる」とか「東洋から賢者が現れる」等、救い主が現れるとの予言も数多くあるようです。
そして、日本が救いの鍵となるとの期待もあるようです。

しかし、その人類の救いというのは、ほとんどの人が生存や復興等の物質的な事を考えています。
それでは、今までの歴史の繰り返しであり、過去の過ちを一時的に反省しても、また悲惨な結果が待っているのではないでしょうか?

人間自身が、根本的に生死に関する認識を変え、進歩するしかないとおもわれます。
仮に、災害を免れて、寿命が10年位延びたとしても、いずれは他界する運命です。本当の意味での救いとは何かについて、人類は目覚めるべきではないでしょうか?

人類の救いの秘密は、富士にあります。
神霊やその眷属である霊魂方、高級な霊魂方が、千年以上も前から、そのように準備をされていたようです。

でも、何も努力をせずとも、富士の神霊と神霊に仕える霊魂集団が、自動的に救って下さるわけではありません。
一人一人が、自分が救われるように努力しなければならないようです。

詳しくは、以下の動画をご覧ください。

霊魂学動画:富士の神は人類の救いですか?

霊魂学動画・救い主Q&A – 救い主は誰ですか?-

霊魂学動画・日本に救世主が現れるのですか?

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る