究極の目標は地球に頼らない自給自足!?

未来都市

AIが農業の未来を守る?

テレビのニュースでやっていました。

完全屋内でAIを駆使し、最適の環境を作り出して、野菜を栽培している農場の様子です。

野菜の成長に適した光の質と量、気温、湿度、栄養、それらをすべて管理して、今までの野菜よりも、ずっと大きくて綺麗なものが出来上がるそうです。

野菜の収穫

うまそう・・・

苗の植え付けから成長過程の管理、収穫まで、全工程をAI搭載の機器が行うので人手がいりません。

田植え

じっちゃん、無理せんでええよ~

天気や災害に左右されないということは、収穫が安定するということ。

かかし

引退させていただきます・・

そして、人手がいらないということは、後継者不足で悩む皆さんが一安心。

費用に関しては、色々と大変でしょうが、農家の方々にとって夢のようなお話か・・と期待させられるニュースでした。

そして、話は更に宇宙へと!スペース農場の現実化

地球から約400キロ上空を、時速約27,700キロで飛行している、国際宇宙ステーション(ISS)。

なんとそこでも、野菜栽培の研究実験が続けられているそうですよ。

国際宇宙ステーション

1日で地球16周ほど回ってるぞ~

それは、地球に頼らない自給自足を目指すプロジェクトだそうです。

あっぱれ!人間はたいしたもんじゃ~できないことなど何もなかろう、神様おらんでも大丈夫じゃな~
謎の声
さんば
さんば
そういう考え方が落とし穴なんです!

科学の進歩や発展自体は素晴らしいことといえるのでしょうが、それで人間が自分たちの能力を過信慢心して、自らが最高位であると思い込んでしまうことが危険なのです。

わかった!黒猫
黒猫くん
いくら人間がすごくなっても、もっとすごい霊魂のこと知らなきゃ、もともこもないもんね~

そうですね。

科学の発展と、人類の霊的成長は、両立できないものでしょうか・・・。

 

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る