幽体からは攻撃的な念が出ます。

この念は、自分が出そうと意識しなくても、相手が憎いと思うと出てしまうようです。

ですから、意識的に呪った場合には、当然、強い念が出ています。

 

必ずしも狙った相手に届くとは限りませんが、悪い霊魂がこの呪いの念を察知した場合には、相手に届くように操作する可能性があります。

 

そうすると、相手の幽体は大きなダメージを受けます。

でも、呪った本人も、この霊魂との縁がついてしまい、死後は低い世界に連れて行かれてしまいます。

結局、どちらも不幸になります。

 

丑の刻参り等の呪いの儀式は、絶対にやめた方が良いです。

 

念の影響について、もっと知りたい方は、以下の記事をご参照下さい。

霊的情報館・霊をさぐる「呪いってほんとうに存在する?」

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る