力のある霊能力者

霊能力者の霊能力にも、いろいろな種類があるようです。
取り憑いている霊を除霊するだけが霊能力者ではなく、家や土地の因縁を調べてアドバイスする霊能力者もいます。
外国の場合、犯罪捜査に協力して、(その可否はともかくとして)行方不明者を探したりする霊能力者もいるようです。

霊能力者と自称する人にも、詐欺師、精神病者等がいるかもしれませんが、中には本物もいます。
実際、私自身、不思議な能力を持つ人達に何人も会っています。科学では解明できない力を持っている人達が、現実にいるのです。

ただ、霊能力者であると自負する人の中でも力の差異があり、明らかに邪霊や不道徳な霊魂に弄ばれているだけの人もいれば、自分の意思一つで不可思議な現象を起こす人もいます。

もっと力のある霊能力者は、プロとして人の悩み事の解決等に乗り出しているようであり、霊能力者によっては、自分が欲しいと思う情報を、次々と引き寄せるようです。
探偵とは違いますので、目星をつけて情報源を探すのではなく、情報の方が飛び込んでくるという感じでしょうか。

つい先日、私の親しい人から、霊能力者にまつわるあるエピソードを聞きましたが、まるで見えない糸に操られているかのように、その霊能力者の面前にターゲットが現れたり、ターゲットから電話が来たりしたようです。

では、こういった引き寄せのような事は、霊能力者独自の力なのでしょうか?
いいえ、人間の肉体には、そのような不思議な力はありませんから、必ず、霊的な何かの力が働いています。

霊能力の源泉となるのは、ずばり、「霊魂」です。
力のある霊能力者の背後には、それだけ強い力を持つ霊魂が付いているのです。

霊魂の世界は、強い者が弱い者を支配しますから、強い霊魂はたくさんの部下を抱えているようです。
その霊魂のネットワークたるや、想像するに、かなり強靱なものではないでしょうか。            それ故、強いボスとその配下の霊魂達から譲歩を迫られた弱い霊魂は、言うことを聞かざるを得ません。

こういった強い霊魂が背後に付いている霊能力者は、やはり強い能力を発揮しますから、依頼した人には恩恵があるかもしれません。
でも、確実に言える事は、こういった霊能力者・背後にいる霊魂に関わった人は、必ず最終的には霊的に不調になります。
そのまま最後を迎えたら、他界後には、目を覆いたくなるような不幸が待っています。
いくら霊能力者が人格的には立派な人であっても、それと、凶悪な霊魂が付いている事とは別問題です。

霊能力者に頼りたくなる気持ちは、私も分かります。
でも、問題が犯罪に関わる事なら警察に、民事事件に関わる事ならう弁護士に相談するというように、人間の知恵と努力で解決した方が良いと思います。
悪辣な人間と懇意になったのが、自分が欲を出した結果だったら尚更です。

本当の幸・不幸は、他界した後に待っているのです。

参考書籍;霊的能力の謎

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る