人間に怒りを持つ動物の霊魂達

道を歩いている時、雑草がアスファルトの隙間から生えているのを見て、その生命力のたくましさに感心した事はありませんか? 生きようとする意志すら感じられ、スゴイと思っちゃいますよね。

このような植物と、アスファルトとの決定的な違いは、命があるかないかです。
アスファルトは、物としての耐久年数はあっても死はありませんが、植物は、やがて死を迎える時が来ます。
そして、命があるという事は、霊的生命体として、物質的な身体と重なった幽体を有するという事ですから、死を迎えれば、幽体が霊的世界に移行します。

動物や植物等の生命体には、程度の差はあれど、意識があるそうです。
犬や猫に感情があり、意識がある事は、彼らを観察していれば良く分かる事ですが、植物にも意識があるというのは、驚きですよね。
もちろん、動物と植物の意識では、大分違うと思いますが。

では、意識が発達した動物の霊魂が、人間を恨む事はあるのでしょうか? そして、人間に復讐したりする事はあるのでしょうか?

実は、人間が無意味な殺生をしていると分かるような動物の霊魂は、地上に戻ってきて復讐したいと思うことがあるようです。
例えば、スポーツとして狩りを楽しむ人達は、その動物を食べるわけでもないのに、ただただ殺して喜ぶわけですから、殺された動物はもちろん、既に他界している動物の霊魂達からも怒りを買うようです。

でも、一般的に、動物の霊魂達が、生きている人間達にその恨みや怒りをぶつけることは、非常に難しいようです。

詳しくは、以下の動画をご覧下さい。

霊魂学動画:動物の霊魂に祟られることはありますか?

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る