生命の起源―命の誕生の不思議

生命の起源

生まれて、活動して、死んでいく「生物」という存在は、単なる物質である石等とは全然違う存在であることは、明らかです。

ある日突然、石が生物になって、自分で代謝しながら時を過ごし、最後は生命を終えるなんて事は、考えられません。

そうすると、地球上には最初は無機物しかなかったところ、どういう原因があって、生命に変化したのだろうか?という疑問がわいてきます。

 

一度生物が生まれてからは、それが徐々に進化していき、現在の生命体系になった事は、何となく分かります。

でも、「生きて死ぬ」という存在が生まれた瞬間から、それまでとは全く異質のものが存在する事になったわけですから、その瞬間において何があったのか、どういう力が働いたのか、不思議でなりません。

極端に言えば、石がどうしたら生命になるのだろう?というような不思議さです。

生命の起源

生命の起源については、現代科学をもってしても、なお解明できていないようです。

それは、「人は死んでも魂は残るのか」という疑問と共通しているように思います。

生物は死ねば無になるというのであれば、生物の発生段階でも、無から命が生まれたと考えないとおかしいと思うのは、私だけでしょうか?

 

私は、ある時、霊的世界から霊的生命体が地上にやって来て、物質に宿るようになったものであり、その時から「生きる」という存在が生じたものと考えます。

それ故、地上での生命が尽きても、霊的世界に帰るだけであり、霊的生命体としての存在は続と考えています。

 

みなさんはどう思いますか?

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る