浅い夢・魂の歴史、記憶は消えてなくなることはないから

夜明け前に、いろんな夢を見ながら目が覚めました。

そして、子供だった頃のことを思い出していました。

友達の顔や先生の顔、授業中に何を言ったのか、自分が何をしたのか。

ああ、悪いことをしたんだな、おかしなこともした。そんなことの記憶が戻ってきました。

今までどこかにしまい込んであった記憶の引き出しがスーっと開いて、そこから鮮明な映像がこぼれだしたような不思議な感覚でした。

そうか、記憶ってのは、全部どこかにしまいこんであると聞いたことがある。それは一生思い出さないかもしれないけれども、そこにあることに違いはない。今のことも前のこともその前のことも、記憶はずっと消えることはない。

思い出すことがなくても、表面の意識からは消え去ったと思えるようなことも、今の自分自身の一部であり、それに影響を受けることがあるってこともわかるような気がします。

人間って複雑なんだなと思います。

霊魂学動画・生きる目的とは?自殺の是非、霊的カルマの解消

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る