「念は目に見えないけれど、物理現象と言えるのではないか!?」説

念対決

「念」は目に見えない制御不能なマシンガン?!

想像してみてください。

あなたが誰かに対して、妬み、憎しみ、怒りといった強い思いを抱くたびに、

その思いが、銃弾のように、外に飛び出していく様子を。

「念」という銃弾は、ある意味、目に見える銃弾より恐ろしいものなのです。

当たっても相手にはわからないし、痛くもないし、すぐに症状が出るわけでもないからです。

しかも、対象者に当たるとは限らない、それはすぐそばにいる大切な人に当たるかもしれないのです。

念の飛ばし合いあかちゃん

念=強い思い・特別なものではありません

強い思いを抱くと、それは念となって飛び出します。

そして、強い愛や思いやりの気持ちよりも、憎しみ、怒り、恨み、といった気持ちのほうが、鋭い念となって飛び出すそうです。

確かに、鋭さと言う点では、憎しみ恨みといった思いのほうが、尖っていそうですよね。

ネガティブ念

反対に、愛する思いとか好きとか憧れとかいう思いは、ふんわりとマシュマロのような念ともいえるかもしれません。

ふわふわ念

鋭い念によって傷つくのは、人間が持つ「幽体」の部分で、肉体ではありません。

念を受けた人の幽体は、知らないうちに、どんどん傷ついて弱っていって、

そして、弱った幽体は、肉体に影響を及ぼすこともあるそうです。

だから、「念」が、たとえ目に見えない、感じることもできない質のものだとしても、

結局、時間を経て、肉体にも影響を及ぼす、それは、間接的な物理現象とも言えるのではないでしょうか。

 

契山館HP「霊魂学最前線」に、念について書かれています。

政治家の幽体

アイドルの幽体

念を受けない生活

どんな武器よりも怖いのは、幽体を傷つける、人間同士の念なのかもしれませんね。

 

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る