人は、死後に地上に戻ると「幽霊」と言われます。

幽霊の正体

人間は、肉体の中に、死後に使う霊的身体である「幽体」を有しています。

そして、他界して肉体を脱ぎ捨てれば、幽体だけの存在になりますから、地上の人間からすれば「幽霊」という事になります。

 

幽霊を題材にした映画や物語はたくさんあり、遊園地のお化け屋敷や、夏の怪談話の講演も人気があるようです。

幽霊の描かれ方、捉えられ方は、だいたい「怖いもの」「おどろおどろしいもの」「気味の悪いもの」という感じです。

地上の人間とは全く別物の、まさに化け物といった扱いです。

幽霊の正体

人々は、このような化け物を見る疑似体験をして、恐怖感を楽しむために、映画を鑑賞やお化け屋敷を訪れるのでしょう。

その心理は、心霊スポットを訪れる人も同じだと思います。

 

でも、幽霊も元々は地上の人間です

それが、他界して地上に戻れば、「幽霊」と言われ、気味悪がられるわけですから、幽霊からすれば、怖がる人間を、逆にからかってやりたいと思っても、不思議ではありません。

幽霊も、心霊スポットを楽しんでいるかもしれませんね。

 

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る