目に見える光景・目に見えない光景

初めて訪れる街。

見覚えのない景色を通り抜けると、見知らぬ街の風景があらわれる。

早朝、朝日がのぼり、空は快晴、街並みがきらきらと光りだし、

時折り、リズミカルに走る電車の音が聞こえる。

遠くに見える交差点を、それぞれの場所を目指して歩く人々。

窓越しに眺める光景は、静かで平穏だな、と思う。

 

目に見えるものを綺麗にする方法は、それほど難解ではない。

掃除をして、磨き上げて、ごみを捨てず、大切に扱う。

この街は、綺麗だ。

でもそれは、目に見える世界、物質の世界。

そこに重なる霊的な世界が、いったいどのようなものなのか、

その光景を、わたしたちは見ることができない。

* * * * *

霊的な光景、霊的な現実。

目に見えないとしても、わたしたちはそれを見過ごすわけにはいかない。

霊魂学動画・霊的な環境はどのくらい悪いのですか?

ぜひ、ご覧ください。

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る