あなたの家にはいくつ時計がありますか?

最近、ふたつの時計が同時に止まってしまって、調べると、ふたつとも電池ではなく壊れてしまっていることが判明し、新しく注文することになりました。

最近はアマゾンで格安のものしか選ばないのですが、こういう時はとても便利です。すっかりオンラインショッパーになってしまっています。

この機会に家にある時計を数えてみると、

  • 6個・・・壁時計
  • 5個・・・置時計
  • 2個・・・家電についている時計
  • 3個・・・自分のスマホ・PC/タブレットの時計

時間を確認するのは、

  • PCが置いてあるデスクにいるときには、スマホか置き時計
  • リビングにいる時はスマホか壁時計か置時計
  • キッチンではスマホか壁時計か家電についている時計
  • 洗面所ではスマホか壁時計
  • 外出中はスマホ時計

一日に「どんだけ見んの!」とあきれるくらいに時間を確認していることに気づきました。

予約や約束があるわけでなくても、たえず、時計を気にしています。そして、

あとどれくらい作業していられる、あとどれくらいで食事の用意、あとどれくらいでxxx・・・。

そうやって、毎日、時間に追われているのです。

「年をとっていくごとに、作業が遅くなるから時間が過ぎるのを早く感じる。」と言った人がいます。

「集中して何かをしているから、時間が過ぎるのを忘れているんだ。」と言った人がいます。

私は、「実際に地球が刻む時間が早くなっているに違いない!」と思っています。⇦ 誰も賛成しません

 

さて、「人類に残されている時間」というものがあるとしたら、いったいどれくらいなのでしょう?

そういう言い方をすると、「地球の寿命」とか、「地球の破滅」とかを思い浮かべるかもしれません。

地球だって物質だから、いつかは消滅します。そうであれば、「地球で生きるために残されている時間」というものはあるに違いありません。

では、「あなたに残されている時間」は、いったいどれくらいあるのでしょう?

これは「ひっかけ問題」です。

答えは、「永遠」です。

魂・霊的生命体としての人間は、永遠のような時間を生き続けるそうです。

魂に、消滅という意味での「死」はないからです。

肉体は必ず死を迎え、消滅します。肉体の命には、常に「残された時間」があります。

でも、肉体を脱ぎ、魂・幽体だけに戻った人間は、もう死にません。

時間を気にすることも、時間に追われることも、なくなります。

時間という概念そのものがない、とも聞いています。

ただし、死なない、ということは、死の恐怖からは100%解放されますが、

死にたくても死ねない、ということでもあるのです。

霊魂学を学んでいる方ならすでにご存知でしょう。

魂となって永遠の中で生きている人間の中には、「死にたい」と願い続けているであろう存在がたくさんいることを。

そして、人々にとって「永遠の命」が、喜ばしいものであるようにと、高級霊魂方がずっと呼びかけていることを。

地上に生きる人間ひとりひとりにとって、「残された時間」は限られています。

それが尽きるまえに、肉体の死を迎える前に、「霊的に目覚め」なければ、人間に残される「永遠」は、決して喜ばしいものではありません

本当のことを知り、準備・備えをするのは、残された時間がある「今」です。


霊魂学動画:死後の真相を探るー本物の高級霊魂が示す真実ー

by さんば (注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る