宗教は心の弱い人が縋るもの?

世界には、数多くの宗教が存在します。

どの宗教にも、開祖・教祖と呼ばれる方々をはじめ、道を伝えるために生涯を捧げた人々がいました。

名前や教えは様々であっても、その思いは深く、強いものだったに違いありません。

何かを始める、未知の世界を開拓する、貫く、それが並大抵のことでないことは誰もが知っています。

体力、気力、人望、そして宗教の場合は信仰心、なかなかできることではありません。

 

霊魂学徒として霊的トレーニングを始めると、自身の霊的身体である幽体が成長し始めます

それは、物質社会とは違うレベルで様々な変化をもたらします。

同時に、今まで考えてもみなかった現実、霊的現実を知ることになるのです。

人間の霊的正体、人間の霊的歴史、人間の霊的問題、人間の霊的現状。

それらは世間が中々目を向けようとしないものであり、見ないことが無難であると思い込ませているものです。

 

霊的真実の追求は、困難な道のりです。

何度も心が折れる思いをして、自身の無力さに落胆して、それでも逃げることはしない。

真実だと信じているから、何があっても縋りついていたい。

縋りつくということは、強い気持ちを持っていないとできないことでもあります。

霊魂学動画・盲信はいけないと言いますが、正信とは何ですか?

by さんば

(注)この記事は、水波霊魂学で学んだことをもとに、私(さんば)の理解の範囲内で作成したものであり、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の遺産

プロフィール

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る