ジャスミンの語源はペルシャ語の「Yasmin(神からの贈り物)」

ジャスミンの花

先週、朝の散歩の途中で見つけたジャスミンの花。5月頃になるとたくさん花が咲いて、その甘い香りは、角を曲がる前に「あ!ジャスミンだ」とわかるほどなんです。香水やローションにも使われているプルメリアと似たタイプの香りです。

香りに誘われてそばまで行くと、なんと!赤い実をつけているではありませんか。

ジャスミンの赤い実

ジャスミンに実がついているのは初めて見ました。触ってみると、まだ固くて「実」という感じではありません。調べると、赤い実をつけるのは、シルクジャスミン(月橘・げっきつ)と呼ばれる種類で、花の香はジャスミンと似ていますが、モクセイ科のジャスミンとは違って、ミカン科だそうです。熟した実はオレンジのような香りで、ジャムにしたりして食することもできるそうです。

花や木にも、霊的存在としての幽体があるそうですよ。幽質界にも、たくさんの花を咲かせているのでしょうか。

ん?幽質界では、香りはどうなるんだっけ?

調べてみよう。

by さんば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

感動の一気読み・弁慶の正体とは?

正しい禊法とは?【書籍ご案内】

正しい鎮魂法とは?【書籍ご案内】

死後の世界について【書籍ご案内】

プロフィール

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る