目覚めるべき人達

目覚めるべき人

この世に生まれてきた人達の中には、どうやら、霊的に「目覚めるべき人達」がいらっしゃるようです。
他の人よりは目覚めやすいという意味では、霊的な素質と言って良いのでしょうか?(その辺りは私には良く分かりませんが。)
そういう人達には修行した過去世があるようです。

今生での新しい幽体の意識には、過去世で生きた時の心理が潜在しています。
そして、幽体は肉体の脳と重なっているため、肉体の心身が成長してくると、少しずつ過去世の心理が新しい人生の意識に影響を与えてきます。
そのため、過去世で霊的修行者だった記憶や心理がある人の場合には、今生でも霊的に目覚める可能性が高いようなのです。

今生で目覚めるべき人が、生まれる前に「今度、物質の世界に生まれたら、霊的修行をこなして神霊のお役に立ちたい。」と願っていた場合、担当の守護霊とその助手は、何としても下の世界から来た霊魂から守ろうと、緊張されるようです。
もっとも、現代は宗教を嫌い、科学信仰と言える世の中になっており、霊魂を信じたり霊的な修行をする者は、危ない人のように思われてしまいます。
それ故、本来目覚めるはずだった人達も、目覚める機会を失っているようです。

しかし、私の想像ですが、「目覚めるべき人達」は、たとえ現在、霊的修行とは無関係な人生を歩んでいたとしても、時折、崇敬する存在を求めての強い衝動が湧き上がっているのではないでしょうか。
本質が爆発する、という感じかもしれません。

こういう時、肉体の意識は混乱し、一体自分はどういう存在なのか、果たして今の自分が本当に望んでいる姿なのか、心が揺れ動くかもしれません。
その時には、是非、水波霊魂学を学んで頂きたいと思います。

宗教には様々な主張があり、霊魂の存在を認めない見解もありますし、霊的な主張を述べていても、「宗教ではない」と位置づけるグループもあります。
しかし、どれかが霊的に正しい事実を述べているとしたら、他は全て間違いという事になります。

霊的な事柄を科学的に証明する事はできませんので、どの主張を正しいと信じるかは、最終的には、その方の直感に委ねざるを得ないと思われますが、私は、水波霊魂学こそが唯一正しい主張だと信じています。

by ドーン

(注)この記事は、私(ドーン)の理解の範囲内で書いており、契山館の公式見解を掲載したものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

まずお読みください

プロフィール

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る